歌唱力のある歌い手を目指せ! カラオケマスターになるには

歌唱力がある人が、自分の歌を披露して客観的にそのレベルを見てもらうというツールが最近多くなってきました。

 

ニコニコ動画やYoutubeなどの動画投稿も気軽に素人が出来るようになったことで、自分で宅録した音声や、撮影した動画を「歌ってみた」シリーズとして投稿する人が増えています。

 

人前で歌うカラオケは恥ずかしいけど、自分の歌がどれほどのレベルなのか知りたい。

歌唱力のある歌い手を目指して日々練習している。

 

・・・という人に向けて、更にレベルアップするための、練習方法を紹介しますね。

 

歌唱力を鍛えるなら・・・カラオケのエコーはオフ

歌が上手くなりたい、歌唱力のある歌い手になりたい、という人が気軽に練習できる場所は、やはりカラオケ。

 

仲間同士で、歌の上手い下手を確認するのもいいですし、一人カラオケで黙々と上達目指して練習に励むのもいいですね。

 

ただ、カラオケで練習する時は、一つだけ気を付けておかなければいけない事があります。

 

それはマイクのエコーをオフにすることです!

スポンサーリンク

自分の歌唱力を高める練習として、歌を歌っているのですから、自分が上手に聞こえる為のツールは一切排除!

 

これが歌ウマの歌い手になるために必要な覚悟でしょう。

 

現実を受け止めるのは辛い事ですが、エコーなしで、ブレスがどれ程続くか、音程がきちんと取れているか、ファルセットはしっかり出ているかなど、上達するために確認したいポイントはたくさんありますよね。

 

自分がなんとなく上手に聞こえる機能は、練習では使わないようにしましょう!

歌唱力にビックリ!!

ウォーミングアップする歌い手は歌唱力が高いという噂

どんな人でも、カラオケの一曲目は何となく上手く声が出ないものです。

 

何曲か歌っていると、歌うことが気持ち良くなるほどに、声が出しやすくなります。

声が出しやすい状態に自分でもっていくことができる歌い手さんは、歌唱力が高いといえます。

 

数時間歌って「何だか今日は調子が悪かったなあ」と、ウォーミングアップもしないまま、数時間歌い続けて、その日の歌の反省をせずに練習を終えてしまうのは・・・

 

無意味です!

スポンサーリンク

これではただカラオケという空間を楽しんだだけ。そしてなかなか上手く歌えずに終わってフラストレーションがたまるだけです。

 

まずは、キチンと喉を歌える状態にならしておくことが大切です。

 

歌い出しは、アップをしないままいきなり行うと、曲調の雰囲気にのまれて無意識に喉に負担をかけてしまうかもしれません。

 

声帯を充分に震わせて、お腹から勢いよく発声するアップは欠かさずにしましょう。

 

世間は「動画アップ歌ってみたシリーズの歌い手」ブームです。

 

色んな人が気軽に自分の歌唱力を披露することができるツールが既に出来上がりつつあります。

 

そんな歌い手さんになれる程の歌唱力を身につければ、カラオケで歌を披露する場面も怖くありませんね。

 

歌唱力が高い人は、それまでに数え切れないほど歌を何度も歌って練習をしているでしょう。

自信と歌唱力が身に付けば、歌う姿も凛々しく感じます。

 

自信をもって歌えるようになるまで、繰り返しカラオケエコーオフと、腹式呼吸発声で何度も練習しましょう。

 

ただし、歌に酔いしれて、自分の世界に入りすぎないように。

 

聞く人が「凄い」とうなづく歌い手になれるように上達めざして練習しましょうね。

8歳の子供のすごい歌唱力!

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ