これができればプロ級に聴こえる!ファルセットの出し方とは

2a7588b99f96b9432c8a91d5960cb3da_s

最近流行っている曲って、高音のキーの歌が多くて・・・自分はそんなに高い声がでないよ。

 

高音が出ずに歌が思うように歌えない人は多いもの。

地声が低くて高い音を出せないと悩む人は結構いるものです。

 

そこで、カラオケでも使える歌の上達法のひとつ、ファルセットの出し方を紹介しましょう。

 

地声が低くても大丈夫 ファルセットを出し方は練習次第

TSU75_micmotute-thumb-1000xauto-15999

 

歌のリズムを自分で刻む時、よく鼻歌を歌いませんか?

歌が上手な人ほど、鼻歌もどこかかっこよく綺麗に聴こえるものです。

スポンサーリンク

地声が低いから、カラオケでも歌う歌が限られてしまう。なかなか高音の歌が上達しない。

 

こんなふうに悩んでいる人こそ、習得してほしいのがファルセットです。

 

ファルセットとは裏声の事。

地声のように声量は大きくありませんが、身につけてしまえば高音域の歌も難なくクリアできます。

 

歌うきっかけがこれまでにたくさんあった人は、自然と自分で身につけているものなのですが、あまり歌を歌わずに過ごしてきた人や、下手だと思い込んでいる人は特に、裏声を出せないと感じている人も多いのです。

 

そして、このファルセットの基本こそが「鼻歌」なんです。

 

ファルセットの基本は脱力!喉を絞らず力を抜く感じが大切

PAK57_karaokedekimeruhost-thumb-1000xauto-15684

 

ファルセットの出し方で大切なポイントは、喉を絞って無理に発声しない事!です。

 

歌を歌い始めると、好きな歌ほど気持ちが入り、ついつい力も入ってしまいます。

スポンサーリンク

ただ、これでは上手にお腹で呼吸をできにくくしてしまうために、力強い声を出すことができないのです。

頑張って歌うのではなく、気持ち良く歌うということを意識しましょう。

 

1e1b8_137_4e87117b_f4beabbc

 

そして、徐々に音域が上がっていき、カラオケで練習しながら、ファルセットを出した方が良いタイミングを自分で見つけておくというのは大切です。

 

上手く歌いたいからという気持ちが先走って、高いキーを地声で出し続けると、肩に力が入り、喉にも力みが見られ、喉から絞り出すような高音になります。

 

これではファルセットを使えば出せる音域も分からないまま、高音の歌を諦めてしまう事になりかねません。

 

気持ち良い高音をある程度の音量で出せれば、ファルセットも「声が出ないから裏声つかってんだ!」と思われずにテクニックとして受け入れられます。

 

そして気持ち良く歌うことで思い浮かべて欲しいのが、鼻歌なのです。

 

ファルセットの出し方のポイント 鼻から抜く感覚

01910

全身に力を込めた状態では、喉やお腹にも力が入り、上手なファルセットを出すことができません。

鼻歌を歌っている時を思い出してください。全身が緩んで、喉にも力が入っていませんよね。

 

ファルセットを出すときは、それにプラスして、鼻筋から上向きに抜けるような気持で、喉を開いて息を大きく吐くようにしてみましょう!

20131219entry_img_l

 

そして、腹式呼吸で、声を出すときはお腹から声量を吐き出すような感じで声を出します。

これができれば、喉に負担もかけず、喉が開いた状態で発声できます。

 

地声が低くても、ファルセットの出し方が身に付けば、どんな高音域の歌も歌いこなすことができます。

 

カラオケでもファルセットの上達を披露すると、一気に歌ウマポイントがアップしますよ。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ